工業都市人口減少が進む

兵庫県・尼崎市は年々人口が減少しております。同市は兵庫県南東部に属し国からも中核市として指定され、工業都市として発展してきました。尼崎市域は大阪平野に存在しており人口規模は県下第4位を誇っております。かつては県下第2位の規模を誇っておりましたが年々の人口の減少により衰退してきております。近年では同市の人口45万人を割る推計人口が発表され、情報政策課は人口減少の原因でもある高齢化が進んでいると公表しております。2013年度より子育て世代増を狙う施策を多く盛り込んでおります。また、社会動態の転入と転出に置いて人口の減少も進んでいる為に様々な対策が行われております。同市の南部は工業地域であり、中南部は商業地域、北部は住宅地が広がる構成となっております。近くには神戸市や大阪市の都市部が存在しておりますが、ベットタウンとしての機能は薄く工業都市としてのイメージが強いようです。全国と比較した場合の年齢別人口分布では30代から60代の人口が多く、男女別では女性の高年齢の方が多く住まれているようです。